グレープフルーツ 保存

スポンサードリンク

長持ちさせる保存の仕方

せっかくグレープフルーツを購入しても、保存方法を間違えてしまえば、味も落ちてしまいます。そういったことにならないためにも、長持ちさせる仕方をここでご紹介しましょう。
グレープフルーツは輸入品のものが多いため、日持ちさせるために果皮に農薬がついています。防菌や防カビ剤などが付着しているため、食べる前にはよく洗うようにしましょう。そのまま口に運んでしまうと人体に影響がある場合もあるため、グレープフルーツを洗った後は、その手もしっかりと石鹸などで洗うようにしてください。

 

また、保存場所は冷蔵庫や冷暗所がお勧めです。特に、冷蔵庫の場合は温度が適している、野菜室に入れておくとよいでしょう。
香りが強いため、その他の食材に香りが移る場合もありますので、ビニール袋にグレープフルーツを入れてから保存してください。1〜2週間は日持ちするので、その間に食べるようにしましょう。
また、半分にカットしたものはラップに包んで保存してください。カットしたものは乾燥すると味が落ちるので、水分が飛ばないうちに、2、3日で食べましょう。
ひとつだけがもしカビてしまった場合は、すぐにカビが広がってしまうので注意してください。

 

グレープフルーツだけでなく、オレンジなどにもこの保存方法は活用できます。また、フルーツ全てが同じ方法ではないということを覚えておきましょう。バナナのように冷蔵庫に入れると完熟が早まるフルーツもあるので調べることが大切です。

スポンサードリンク

長持ちさせる保存の仕方関連ページ

グレープフルーツの特徴
グレープフルーツの特徴について説明しています。グレープフルーツダイエットを始める前に、ぜひ毎日摂るグレープフルーツの基礎知識について知っておきましょう。
グレープフルーツの歴史
グレープフルーツの歴史について書いています。これから毎日お世話になるグレープフルーツのことをより良く知れば、ダイエットへの意欲にもつながりますね。
グレープフルーツの種類
グレープフルーツの種類について説明しています。甘さも味も様々ですので、自分の味覚にあったグレープフルーツを選んでください。
食べやすいグレープフルーツの切り方
グレープフルーツの食べやすい切り方について説明しています。覚えておくと、忙しい朝でも簡単に食べられるようになります。