グレープフルーツ 切り方

スポンサードリンク

食べやすいグレープフルーツの切り方

グレープフルーツと聞くと、りんごやみかんなどとは違って食べにくいというイメージをもたれている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
しかし、切り方によって食べやすくなる果物であることをここでご紹介しましょう。
―皮の切り方―
切り方はそぎ切りとらせん切りがあります。まず、そぎ切りの場合は、グレープフルーツの上下を果肉を落とさないように切り落とし、切り口を下にしてから、皮を果肉の形に沿って切る方法です。
また、らせん切りはりんごの皮をむくように切っていく方法です。グレープフルーツの上下を切ってから、回転させながら皮をむいていきます。

 

―果肉の切り方―
果肉の切り方は、輪切り、くし形カット、ピュアカットの3つの方法があります。中でもくし形カットは、多くのお店で活用しています。
やり方は簡単です。グレープフルーツを皮つきのまま6等分にしてから、皮と果肉の間に切りこみを入れて、片方の端だけを切り落とさずに残しておきます。このようにすることで簡単に一口で食べることができます。
また、ピュアカットはグレープフルーツの房と房の間に切れ込みを入れ、果肉を一房ずつていねいに切り取っていくやり方です。普通の包丁では難しいので、ぺティナイフを使うと綺麗に果肉を取ることができます。

 

 

この切り方に慣れていくと、忙しい朝でもグレープフルーツを簡単に食べることが可能になります。ぜひ、ご家庭でも試してみてください。

 

スポンサードリンク

食べやすいグレープフルーツの切り方関連ページ

グレープフルーツの特徴
グレープフルーツの特徴について説明しています。グレープフルーツダイエットを始める前に、ぜひ毎日摂るグレープフルーツの基礎知識について知っておきましょう。
グレープフルーツの歴史
グレープフルーツの歴史について書いています。これから毎日お世話になるグレープフルーツのことをより良く知れば、ダイエットへの意欲にもつながりますね。
グレープフルーツの種類
グレープフルーツの種類について説明しています。甘さも味も様々ですので、自分の味覚にあったグレープフルーツを選んでください。
長持ちさせる保存の仕方
グレープフルーツを購入しても、保存方法を間違えてしまえば、味も落ちてしまいます。そういったことにならないためにも、長持ちさせる仕方をここでご紹介します。